2014年8月30日土曜日

ウォッチケースを購入してしまった

思いがけない形でG-SHOCK熱が過熱してしまっているのだけど、数が増えると保管に困ることになってしまう。
恐らくGW-4000A-1AJFと、GW-100Q-1JFを必要に応じて使い分けることになると思うけど、先日購入したGA-200GD-9AJFは完全に保管する形になると思う。
欲を言うと、電波ソーラーじゃなくてもいいから、安価なモデルが1本欲しいと思う。

さてどうしようかな。やっぱり時計の保管ケースが必要だよね。

しかしまともなウォッチケースを探すと、結構なお値段。
安いものを選ぼうとすると、今度は長期保管の品質に不安が残る。

とりあえず格好いいケースはいずれどこかで見つけるとして、当座の保管用のウォッチケースを探そうと思ってみていると、アクリルケース型のちょっと良さそうな物を発見。


この手のケースは安価で手軽に保管できるのがメリット。
縦置きのものもあるけど、長期保管するものを横置きにするのは傷の原因になりそうnanoで、やはりこのような形でディスプレイ出来るもののほうがいいと思う。


GW-4000も入れてみた。
ベゼルが大きめのモデルは並べるのが大変かも。スタンドは5つ入ってるけど、4つしか入らないかも知れない。
まあ1つスタンドを外して、GW-4000の通常置き用のスタンドとして使えばいいかも。

ただこのウォッチケース、上下にスタックすることができるため、同型のケースを重ねられるのがメリット。
透明なので、電波ソーラーの充電も考慮すると結構使い勝手がいいかもしれない。
アクリルがこすれてギチギチと音がするのが嫌な人もいるかもだけど、まあお値段がお値段なので。

しかしこういうものを買ってしまうと、熱を冷ますどころか沼にはまってしまいそうで怖いなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿