2011年2月24日木曜日

映画 「アサルトガールズ」を見る

先日、押井守監督の実写作品「アサルトガールズ」を視聴しました。

どうやら評判は悪いらしいことは知っていましたし、押井監督の実写作品で信者以外で好評価ってのを見たことがないので、あまり気にしませんでしたけど……

しかし評判は正しかったなってのが率直な感想です。




これまでの実写作品は「紅い眼鏡」にせよ、「ケルベロス」にせよ、「アヴァロン」にせよ、それぞれに「これぞ押井作品だな」と納得できる要素がちゃんとありました。(立喰師列伝シリーズはまだ未見です。すいません)
しかしこの作品にはそれをしっかり納得できる要素を見出せませんでした。

押井作品につきものの「ダレ場」も、本作に限って言えば本気でイラッとさせられるほど必要性を見出せなかったというのが正直な感想。
押井作品っぽさを堪能できたのは、たぶん冒頭の長ったらしくて意味難解なあのナレーションと、チャプターの聖書からの引用っぽい文言くらいでしょうか。


本作で注目されるのはどうしても黒木メイサなのでしょうが、個人的には佐伯日菜子のほうに注目せざるを得ませんでした。
なんすかあのエロさ……いや、エロさというか色っぽさは。
演じるキャラクター、カーネルの設定は「リアルでは二児の母、ジャンキーの夫に代わってアヴァロン(f)で生活費を稼いでる」ってことらしいですが、これは確かにはまり役だったのかもしれません。
(現実にも佐伯さんは二児の母だったと思いますが、さすがに旦那さんは逸話の多い人だけどちゃんとした人です)
真・女立喰師列伝をまだ未見なので、近々のうちに視聴します。ええ、絶対に。

黒木メイサは基本的にどちらかといえば上手い女優さんだとは思うのですが、いかんせんこの作品のキャラクターとは相性が悪かったのかなぁと。
まあ任侠ヘルパーに続いて、スタイルが非常によろしいことはよくわかりました(^^;;;
菊池凜子??あの人必要でした???(本気)
基本的にこの方は生理的に受け付けないのですが、あれほど出てくるたびにイライラさせられるキャラを演じられる女優も珍しいよなぁと(--;;;;;

藤木義勝演じるイェーガーはあくまで狂言回しですから、多くは期待しませんし、その役どころからしたら十分以上の存在感は放ってくれました。


断言します。この作品は佐伯日菜子の色っぽさを堪能するためだけにあります!!(押井信者に襲撃されそう……)

基本的に楽しくてスカッとする作品を期待して見ると、絶対に大失敗します。
しかし……なんだかんだ言いながら楽しむ方法を見出してしまう私は、完全に押井監督の術中にはまっている気がしてなりません。

0 件のコメント:

コメントを投稿