2011年2月24日木曜日

「BALLAD 名もなき恋のうた」も見た

実はこっちも見てます。
この作品はクレヨンしんちゃんのなかでも最高傑作と言う人もいる「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」が原作となり、野原家の側ではなく又兵衛と廉姫サイドから描いたもの。




クレしんの方も見てますが、こちらもクレしん同様に無理矢理なところはあるものの、全体的によくまとまった作品だったように思います。
基本的にクレしんは野原家のアレさ加減を楽しむのが正しい楽しみ方で、シナリオは二の次でも大丈夫なんだと思いますが、戦国大合戦の場合はシナリオ自体も秀逸だったせいで割増で感動してしまったのかもしれません。
(実はあの作品はあの作品で、戦国時代の考証がやたら正確なんですよね……ともすればそこだけオーバークオリティ気味なほどに)
アレな野原家というファクターを除いても、おおもとの部分がいい感じなので十分成立しえたのでしょうか。

ちなみに、私はつい最近まで「新垣結衣にはなぜか萌えない」人だったんですが、最近の十六茶のCMで感化された後に見てしまったせいか、三割増くらいには感情移入してしまったかもしれません。

まあラストについて、強いて言えば真一が勇気を持って物事に相対するということがわかるエピソードがひとつほしかったんですけどね。
結局学校でのヘタレキャラを挽回する機会に恵まれなかったわけだから。


興行的にはやや不振だったと聞いてますが、細かい粗に目を瞑ることが出来るのであれば、十分お勧めできる作品かなと思います。
山崎貴監督作品だけに、ノスタルジックな映像はさすがの一言です。

0 件のコメント:

コメントを投稿