2010年9月1日水曜日

Java/Android開発の勉強を始めて2ヶ月近く……

7月上旬から、Javaの基本的な部分から始め、先月の末からAndroidの開発について勉強を始めてます。

数年前から何度かJavaの勉強はしていたのですが、やはり一人では壁にぶち当たるとそれを解決できず、他の忙しさにかまけて結局挫折ということが続いていました。
今回は数ヶ月にわたり某講座に通いながらの学習となるため、とりあえず自堕落的な挫折は避けられるかと、甘いことを考えていたり……


本日までの段階で画像描画のさわりまではとりあえず進んだといった感じです。
まだここからやるべきことは山積みではありますが……

工業高校と情報系専門学校を出ていますので、カリキュラムに組み込まれているいくつかの言語と、かつて独学でC言語を学習していたこともあり、プログラミングとは何であるかという部分についてはそれなりに理解はしていると思います。
C言語はお約束の配列とポインタで挫折を繰り返して勉強を投げ出してしまったクチですが、近頃はなまじその記憶が残っているせいで素直に習得が出来ていないように感じることがたびたびあります。
その意味では、これまでにプログラミングをまったくやっていない人の方が飲み込みが早いように、周りの受講者を見ていても感じます。

根本的にオブジェクト指向ってのがまだしっかり理解できていないのかもしれません。
これまでやってきた言語では命令語や関数と、それを使ってやりたいことが1対1であったように思いますが、Javaではひとつの命令語や関数が複数の役割を果たす(オブジェクトの再利用などなど)あたりに非常に戸惑っています。
異なる物を指し示しているはずなのに、同じオブジェクトを使いまわすことがあるため、識別に苦労するというのを繰り返しています。
さすがに二月近くやってると少しは慣れてはきたのですが、まだいまいちすっきりしないような……

「よくわからんが、理解した」(byどっかの軍曹殿)

最近こればっかり言ってる気がする……

「俺は素人ではない。スペシャリストだ」(byどっかの軍曹殿)

いつかこう言い放ちたいものですよ、まったく。


とりあえず、Twitterなどでいくつかお勧めいただいた本があるので、読んでみるとしましょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿