2010年7月6日火曜日

踊る大捜査線 THE MOVIE 3を見に行くことが出来た【微ネタバレ注意】

早く見たいと思っていた「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」を見に行くことが出来ました。
今回はネタバレしない程度に感想でも……







月曜日、笑っていいともに織田裕二さんが出演した際に「今回の作品は評価が分かれるだろう」と言っていましたが、なるほど今回の作品は評価が分かれると思います。
また笑う人と泣く人がいるということでしたが、私はものすごい後味の悪さを抱えて帰りました。

ちなみに、今作のパンフレットはヱヴァ破のときのように封印がされていて、6ページ以降がネタバレ満載です。
私は映画を見る前に封を切ってしまいましたが、話の筋の核心に関わる部分は偶然すべて読み飛ばしていて、興が削がれずに済んだのですが、中身はあまり読まない方が無難です。
ちなみにキャストインタビューは某映画雑誌に載ってたのとほぼ一緒……

今作はこれまで以上に以前の作品を見ておかないと話の裏の裏がわからないので余計に面白くないと感じる恐れがあります。
特に劇場版第1作は見ておかないと話になりませんし、TV版もレギュラー放送分だけでも改めて見直しておいた方が無難です。
(ただしTV版を見ていると鬱エンドと感じる確率が跳ね上がります、マジで)

しかし今回の話、湾岸署が引っ越すことに伴って日常からはやや離れているからかもしれませんが、従来の「踊る」とは毛色が違う作品だったように感じます。
もちろん「踊る」らしさは存分に盛り込まれてはいますが、いまいち腑に落ちなさを感じるというか……
また、立場が変わったキャラクターの描き込みが足りていない気がするのです。
(ドコモ動画で補完できる?いや、それじゃauやSBMのケータイ使ってる踊るファンはどうするのよ?)
青島の○○○○を引っ張り過ぎたんじゃないかなぁ?その分魚住警務課長や篠原夏美の描写に充てて欲しかったとも思う。
ただこの描き込みの足りなさは真下に関しては見事にはまってたと思います。(それにしたって途中で察することが出来ちゃうのもどうかと……それこそ真下らしいのだけど)
これはもう新湾岸署を舞台にしたTVスペシャルなり踊るレジェンドを作らなきゃダメでしょう。(そろそろすみれさんが主役か!?)

本店組はというと、室井さんはとても難しい立ち位置に立たされることになり、木島丈一郎がついにレジェンドから本編に出演。
地味に爆発物処理班の眉田班長も再登場。
ところで一倉管理官、あなた室井さんと同期のキャリアって設定でしたよね?なんぼ何でも出世しなさ過ぎでは?
(交渉班ははっきり言って“空気”なので割愛)
新キャラとして、小栗旬演じる鳥飼管理補佐官。彼は相当ヤバイ種を植え付けられたようで……
(彼が今後イザーク・ジュールをオマージュした存在になるのではないかと思うのはさすがに考え過ぎか?)

ところで○○システムの○○○○○のバインダー、いくら何でも狙いすぎでしょう。100%ガンダム。
どうせならそれをもっとネタにしたオマージュが欲しかった。

犯人側も色々と出て来ちゃいますが、こっちももう少し深みが欲しかったかなと。
(唯一“真犯人”だけはその必要がなかったけどね)
某アイドルグループの彼とか、某お笑い芸人の彼とかは上手い書き方だなとは思ったけど(某デブタレ?の彼は想定の範囲内過ぎた)、今作肝心のメンバーが薄かったように感じたわけで。
スタッフインタビューを見ると、犯人側の心理が云々と書いてあったけど、個人的にはもっと深く描写できたと思う。
いまいち今回の犯人も“符号”の域を脱しきれてはいないように思うのです。
某メガネの彼女とかはあの薄っぺらさで上手く映えてて、符号であってもよかったんだろうけど、“彼”があの“彼”であるのならばもっと深めて欲しかった。
旧作までならそれでも良かったのかも知れないけど、インタビューに書いてあることにはいまいち添いきれてないような。
本広監督のインタビューを読むと何となく腑には落ちるんだけど、ならば青島と“彼”の間にはもう一つ伏線を張って欲しかったという思いもあります。
正直、“彼”があの“彼”であると気付いたときのショックといったらもう……


面白かったとは思うんですが、どうもピースがひとつふたつ足りないような居心地の悪さを感じます。
もう一度見直した方がいいのかな。
時期はともかく明らかに次回作を作る含みは残されていたので、それに期待したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿