2010年4月24日土曜日

ヤッターマン(実写)とゼブラーマン(第1作)を立て続けに見た雑感

昨晩は金曜ロードショーで「ヤッターマン(実写版)」の放送、ローカルの深夜枠で「ゼブラーマン(第1作)」の放送と、奇しくも“三池崇史監督祭”状態でしたが、両方ともまだ未見で、ちょうど見たいと思っていたので見てみました。

ヤッターマンの方は、キャライメージと役者のイメージが微妙に合っていなかったり演技がイモだったりというのは横に置いておくとしても、アニメ第1作と第2作のテイストを上手く取り入れて、三池監督流にアレンジしたという意味では面白く見ることが出来ました。
ただ、公開時に散々言われていましたが、お子さま向けと言うよりは“アニメ第1作を見たことがある世代”が楽しむための作品なのかなと。
ラスト近くの「子供はわからなくていいんだよ」にすべてが集約される気がするのです。
三池作品の特徴と言ってもいいエロとグロも適度に盛り込まれてますし、その方向での突き抜け方も期待以上で爆笑しました。
一方で「アニメだからこそ描かれない」部分に対する素朴な疑問(ヤッターワンに乗って移動する時の“新聞紙”とか色々)が描かれているのがニヤリとさせられるポイントです。
途中でオリジナルの中の人やアニメ第1作の演出家がカメオ出演してるあたりは知る人ぞ知るニヤリポイントかも。とはいえドロンジョ様とトンズラーは喋ってたけどね。
(ちなみにボヤッキーの中の人、八奈見さんは顔出しNGとして有名で、本作にも出演せず)
全体としてはバタ臭さがちょっと苦手ですが、この作品は下ネタで笑い深キョンドロンジョ様を愛でることを目的とした作品と思えばなんか色々と割り切れてしまいます(^^;;;


ゼブラーマンは、間もなく第2作が公開されます。
途中までなんかいまいちよくわからない流れで、後半の展開との温度差が凄まじいあたりが少し気になりますが、全体的には娯楽作品としては面白いと思います。
よくわからないと感じるのは、現実と虚構を行ったり来たりするときの継ぎ目をわざと明確にしていないってところに起因するのかも。
はっきり言ってしまえばかなりシュール。
コスプレ趣味の中年オヤジがいつの間にかヒーローになるという展開、他の俳優がやるとかなり痛い感じで終わってしまいそうですが、そこはさすがの哀川翔。
「やばい……浅野さんに見せたい」には爆笑してしまいました。
あの小心者ぶりというか、挙動不審ぶりは一見の価値ありです。

全体的に見ると、防衛庁の面々の存在意義がよくわからないし、市川家の人々、特に不倫している妻と援交してる娘の空気ぶりが凄まじく、こちらも別の意味で存在意義があったのかと。(市川由衣はこういう役が多いように感じるのは気のせいか?)
三池作品の割にグロは豊富だけどエロが少な目に感じました。ただこの作品、哀川翔の主演100作の記念作品なので、変な突き抜け方ができなかったのかなと感じる部分もあります。
最大のエロポイントは鈴木京香のゼブラナースってことでおk?
冒頭の劇中劇でリングの貞子みたいな怪人が出てきたり、防衛庁の車についてるボンネットオーナメントが桜+科学特捜隊だったりと、ところどころにお遊びはありますが。
結局、ただのコスプレオヤジが驚異的身体能力を身につけたり、まともなコスチュームに変身できるようになったり、あまつさえ空まで飛べるようになったのはすべて「信じれば夢は叶う」に集約されてるってことでおk?

次回作ではエロは仲里依紗が補ってくれるでしょう、きっと。
今回の祭で三池監督の娯楽作品とは比較的相性がいいということを再確認しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿