2010年3月22日月曜日

ホンダCR-Zにようやく試乗してきました。

以前、ホンダインサイトに試乗してきてボロクソに書いたことがありますが、先月末に「CR-Z」が発売になりました。
今回は久々のスポーティーモデル、しかもハイブリッド車初のマニュアルトランスミッションを採用など、かなり注目のポイントがありました。
しかし、どうもネットの情報やマスコミ経由で入ってくる情報を見ていると、メーカーの熱気は感じるのですが、いまいち販売サイドの熱気が伝わってきません。
実際、発売日に展示車を見に行ったのですが、営業マンはあまり乗り気ではなさそうな顔をしていましたし……

ようやく時間が取れたので、先程試乗してきました。

まずはディーラーA店へ。
店先に「試乗受付中」というポスターが目立つように掲示されていて、奥にナンバーつきのCVT車が置いてありました。
早速見せていただき、試乗できるか聞いたところ「他のお客様が見に来たときに見せる車がないのでダメです」という返事。
……じゃあ店先に貼ってるポスター剥がしてこいや。
その他にもいくつか不愉快な事があり、激しく「イラッ!」としながら退店。

それほど離れていないB店に到着すると、すぐに営業の方が出ていらっしゃいました。
試乗できるか確認したところ「もちろん!」とのこと。
しかも早速試乗されますか?と勧めて下さったので、試乗をお願いしました。
その際にA店の対応を話したところ、「あ~……」という反応だったので、元々何かあるのか、あそこは。

そんなことはともかく、早速CVT車の試乗。(グレードはα)
インサイトの時は極端に狭く感じましたが、CR-Zは多少狭いものの「こんなもんだろう」と納得できる感じでした。正直なところ、もう少し狭いだろうと思ってましたが。
個人的にはもう少し(数ミリから1センチ程度)ステアリングが上にあがってくれる方が操作しやすいのですが、そこまで気になるほどではなく。
内装に高級感がないのは相変わらずですが、それほど気になるほどではなく、インサイトとは違うというのを感じます。
走らせてみると、ノーマルモードでも加速力に特に不満はないのですが、スポーツモードにすると劇的にトルク感やハンドリングが変わります。
また、インサイトの時に非常に気になったアイドリングストップの制御の雑さですが、CR-Zでは非常によくなっていました。
これはエンジンの相性なのか、それとも制御そのものが見直されたのかはよくわかりませんが、信号待ちや渋滞にはまった時も特別に意識させられることはなく、インサイトと比べたら格段に良くなっていると思います。

試乗が終わり、MT車の試乗ができないか聞いてみたところ、どうやらA店にはCVT車とMT車両方が配備されているようです。
あれ?さっきA店の奴は「もう1台入ってくれば……」って言ってたぞ!
とりあえず、A店は金輪際訪問しないし、知人にもあそこは勧めないと言うことになりそうです。
ちなみに少し遠方のC店にもあるということを教えて下さったので、早速C店に行ってきました。
少し待ってMT車に試乗。

概ねの印象はCVT車と一緒なんですが、MT車はクラッチミートが比較的やりやすく、シフトストロークも割と短め。
シフトも入れやすく、非常に運転が楽で、渋滞にはまっても苦痛ではありませんでした。
 低排気量の車だとMT車ではAT車と比べてトルク感が薄く不満を覚えることがありますが、これについてもあまり不満に感じませんでした。
実は数年ぶりのMT車の運転でしたが、これほどスムーズに運転できるとは思いませんでした。
率直なところ、想定以上に好感触。


ただ難点がないわけでもなく、運転者の他に二人以上乗せることがある人にはこの車はほとんどお勧めできません。
後部座席は成人が乗るには辛すぎるほど狭いです。
また、側面やや後方の見切りが悪いため、慣れるまでは運転に気を使いそうです。
車庫入れの際はほとんど見えなかったので、純正ナビのバックモニターに頼ってしまいました。

営業マンの反応を見ていると、ステップワゴンやフィットを売るようにはいかないだろうなというのは伝わってきます。
しかし、本当にスポーティーモデルは欲しいけど、ガチガチのスポーツモデル(ホンダならタイプRとか)では荷が重すぎるという人には是非お勧めしたい車種ではあります。
ただ、オプションとかをつけると総額で300万を超えちゃうようなので、若い人に買ってもらうには辛いところですよね。
(ちなみに、現在ほとんどの契約者がαを選んでいるとのことで、βはほとんど出ないそうです)

今後ホンダだけではなく、他のメーカーからもこういう路線の車種が出て欲しいところなんですけどねぇ……

0 件のコメント:

コメントを投稿