2009年10月30日金曜日

秋ドラマは思いの外……

事前の予想通り、秋の番組改編でドラマ視聴が増えました。
(追っかける気になるアニメが皆無ってのが大きい)

こんな記事を見かけたので、秋ドラマについてちょっと書いてみようかなと。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091030-00000022-maiall-ent


東京DOGS → 視聴せず
水嶋ヒロと小栗旬って時点でおなかいっぱいです。
吉高由里子が出てるので見たかったけど、元々月9って深イイ話かTVタックルを見てしまうのでドラマが食い込む余地なし。

リアル・クローズ → 視聴中
香里奈がダサい女を無理して演じてるという感じがやや“痛い”です。
ダサい女に香里奈をキャスティングしてしまう無理というか、話題先行かつ商売に結びつけようという感じが見え見えなのが鼻につきますが、ドラマとしてはまぁ見られないわけではない。
香里奈の姉が二人とも出演してますが、バーター感に満ちてるのがなんとも。
黒木瞳はどうしてこう……嫌味なおばはんの役しか付かなくなっちゃったかな。

浅見光彦シリーズの連ドラ化 → 視聴せず
浅見光彦がセクスィ~部長に代わってから2時間ドラマも見なくなったので、見る気はありません。
連ドラ化はちょっと無理があると思うけど……

相棒 → 視聴せず
亀山のいない相棒は見る気になりません。
水谷豊の最近の露出の多さがウザいんで見たくありません。
及川光博のスカしたツラを毎週見るなんて耐えられません。

JIN 仁 → 視聴せず
原作は非常に好きだし、期待してるドラマだったんだけど、時間帯が悪すぎる。
日曜9時は日曜洋画劇場か行列ができる法律相談所しか見ませんので。

ギネ 産婦人科の女たち → 視聴中
藤原紀香が離婚後初の連ドラ。松下由貴が病院で走り回ってるのを見るとナースのお仕事を思い出すのは懐かしいところ(笑)
松下由貴が最近こういう役が多くて残念な反面、紀香のギネ版「グレゴリー・ハウス」的“嫌な医者”がはまりすぎ。
板谷由夏が「精子ちょうだい」を連呼するのは笑えるんだけど、そろそろ飽きるかも。
中村橋之助が現代劇初出演というのは意外だったけど、出演シーンは「さすが」と唸ってしまう。
全体的に芝居がくどい感じもするけど、大石静脚本だと大体こんな感じだと思う。
いささか「産婦人科版:救命病棟24時」という感じがするのが残念。

交渉人 → 視聴せず
米倉涼子が嫌いです。

オトメン(乙男)~秋~ → ながら視聴中
面白いとは全然思わないけど、夏帆が出るので何となく見てる感じ。

アンタッチャブル → 視聴せず
仲間由紀恵のこういう役柄はもう飽きた。

不毛地帯 → 絶賛視聴中
山崎豊子原作のドラマはハズレを引く確率が低いので安心して見ていられます。
恐らく女子供の食いつきは最悪だろうけど、こういう重厚なドラマはもっと増えるべき。
ただ、白い巨塔とキャスティングが近いせいで似たような印象を抱いてしまうのはどう取るべきか。

おひとりさま → 視聴中
とりあえず見てるけど、観月ありさのこういうキャラは板に付いたと感じる反面、正直見飽きたなぁと。
何となく話の筋がどう進んでいくかが読めてしまうあたりがつまらないんだけど、恐らくこのドラマはそれを前提に楽しむもんだと。

小公女セイラ → 見たり見なかったり
志田未来がこのドラマの主役って時点でまったく期待してなかったりする。
志田未来はいい女優さんだと思うけど、キャスティングとしては絶望的に“外して”る。
不幸顔ってのはドはまりしてると思うけど、それだけなんですよ。感情移入する余地が皆無。
いぢめられているのを見てたら萌えてしまうようなキャスティングの方がよかったんじゃないか?
それよりも度肝を抜いたのは、樋口可南子演じる院長先生。
最近はソフトバンクのお母さんのイメージがついちゃったせいか、あのブチ切れ度合いがかなり衝撃的。
志田未来の母親役が黒川智花で、黒川智花は樋口可南子の同級生という人間関係がアレすぎて笑えます。
いくらセイラの母は故人で黒川智花は回想でしか出てこないとはいえ……
実はこのドラマで一番萌えてしまうのは黒川智花だという、何とも本末転倒な感じ。

傍聴マニア09 → 視聴せず
あの時間帯はエロシーンでもってるようなもんで最初から期待してないけど、裁判員でひとしきり騒いだ後は傍聴かよと。
折しも芸能人の裁判が相次いでいるだけにもう食傷気味。

サムライ・ハイスクール → 視聴せず
杏の制服姿が思っていた以上に萌えるので見ようかなと思ってましたが、時間帯が悪い。
土曜9時って不在か別のことしてるかで、テレビあんまし見ないんだよね。
テレビつけてても大概映画だし。


というわけで、見ている本数は少ないんだけど、それなりに楽しんで見ています。

0 件のコメント:

コメントを投稿