2009年6月28日日曜日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破を見てきました

どうせ人が多いので公開初日に行くのはよそうと思っていましたが、当初入っていた予定がドタキャンになってしまったのと、夕刻から開催されるらしいイベントへの問い合わせが華麗にスルーされてしまったので、映画でも見に行くことにしました。
現在見たい映画がたくさん。

「トランスフォーマー/リベンジ」
「スタートレック」
「ターミネーター4」
「ハゲタカ」
「ROOKIES -卒業-」

そして今日、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」が公開。
前売り券(特典チケットじゃなくてコンビニで買った普通の前売り)も買っていたので、ヱヴァにすることにしたわけで。


初日とはいえ夜間の回に行くことにしたのでそんなに多くはないだろうと踏んでいたのですが、ヱヴァをなめてました。
入場1時間近く前に行ったのに映画館には既に人人人!
席が取れないほどではありませんでしたが、既に中央部は埋まっていて少し脇の席しか取れませんでした。

鑑賞中に物を食べるのは好まないので、いつも映画を見る前にホットドッグあたりを買ってパンフレットを読みながら時間を潰すのですが、予期せぬ事態が。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破セット」という名前でドリンクとポップコーンのセットが。
私はポップコーンはあまり好きではないのですが、アスカ押し全開のパッケージとフィギュアに屈しました……orz
さすがにパッケージ類は写真を撮ったら破棄しますけど。











やや悪ノリに過ぎる感もありますが。
これが見に行った映画館系列の限定商品なのか、他の映画館でも展開してるのかは不明。
フィギュアは低価格の量産品なのでやや造形が悪いですが、まぁ文句を言うのも野暮でしょう。

パンフを読もうと思ったら、思わぬ誤算。……封印されてる。
「映画を見た後に読もうね」という注意書きまで。
観賞後に気付きましたが、パンフの表紙が既にネタバレ。

待っている間にも人はどんどん増えます。
ヱヴァ破セットを買ってる人も多数。かなり狭い密度でセットが溢れている様にはちょっとビビりました。
この映画館は自宅から一番近いということもあって頻繁に利用してますが、こんなに人が多いのは初めての経験でしたし、周囲を取り巻いている熱気がいつもと明らかに異なっていました。
若い人が多かったように思いますが、割と私と同世代(30代前後)と思われる人が少なからずいます。
やはり我々、エヴァTV版放映時に中高生だった世代には何かしら突き動かすものがあるのでしょうか。
10分前の開放と同時に民族大移動。




そして鑑賞終了。思わず口をついて出た「そうきたか……」の一言。
いつもながらヱヴァンゲリヲンには圧倒されてしまうのですが、今回も例に漏れず。
エログロは覚悟の上ですが、それをやってしまうのか!?という衝撃。
想定していたいくつかの可能性のうち、最悪の結果で打ちひしがれてしまいました。
新キャラのマリについては、公表されていた数点のイラストから感じていた違和感、というよりイメージが的中。
時折トップをねらえ!や学園エヴァでも見ているかのような錯覚を感じること数知れず。
それだけに後半の展開が余計にきついです。
これを見た人はある種のショックと後悔を憶える人が少なからずいるのではないかと思います。
ラストから次回予告は見ていて一瞬固まります。「なんですと!?」という感じで。


ネタバレを気にせず吐き出し倒したいところですが、そこはぐっとこらえることにします。
時間とお金の都合がつけばもういっぺん見に行くかも知れません。


帰りにヱヴァ缶6本セットを買うつもりでしたが、感傷に浸ってしまいそうだったのでやめておきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿