2009年4月18日土曜日

ポッドキャストを始めた動機(2009.03.02再掲)

このエントリーは旧ブログで2009年3月2日に書き込んだものを再編集の上再掲するものです。

ポッドキャストを始めた動機ってのは第1回の放送でも話してるけど、現在配信されている番組を聴いていたら自分でもやってみたくなったというのはやはり大きな理由です。
T&FのITニッチとーくを聴いてて、こういう番組をやりたいって本気で思ったんですよ。
ITニッチとーくはくりらじの「くりらじテクノロジーニュース」の影響を受けているそうなんですが、私の場合くりらじは一応聴いてるんだけどTunesに登録はしてなかったりするわけです。
だもんで、モバイルぎょーかい放談で繰り返し言ってる「トーク形式を本当は目指してるんだ」ってのは模範としてるのがITニッチとーくだからなんですよね。

あと一つの理由……というかこの理由はいくつかの要素が集まって一つになってるんだけど、本当の「俺」を伝えたいという気持ちがあるわけで。
もともと私は堅い文章を書く人なので、ネット上では昔から結構「怖い人」とか「気難しそう人」とか「堅物」とか思われてる節があるわけなんですわ。
実際堅物なのかもしれんし、気難しいところもないとは言わないけど、もっとフランクに話の出来る人なんだよってのを知って欲しいなという気持ちがあるわけです。
だからオフ会には昔から積極的に参加してるし、実物はイメージが違うと言われるのはまさにしてやったりと思ってる面があるわけですが。
あと、先日受けたテレビ取材で「メディアの怖さ」を思い知ったというのもあるわけです。
自分ではコントロールできない情報で自分の印象が決定されてしまうというのは、とても面白くないし、とても怖い事だなと思うわけです。
メディアは怖いと思う一方で「メディアの力」も同時に思い知ったわけで、本当の自分を知ってもらうためにその力を有効活用するという道を見つけました。
自分でコントロールすることができる声のメディア、その意味でポッドキャストは打ってつけだったりするのです。
文章だけでは見えない「俺」の姿、作られた俺ではない本当の「俺」を晒け出すためにポッドキャストをやってみることにしたのです。
それが自己顕示欲だと言われたら、それまでなんですけどね。
とりあえず3回収録してみて、どれだけ本当の「俺」が出せているのかは微妙なところです。
結局のところどこかでかしこまった喋り方になるし、その意味では身内や知人と素で喋るのとはどこか違うというのは仕方のないことだと思ってます。
しかし文章だけでは多分伝わらないだろう一面は伝えることが出来ているのではないかと思います。
今後どうなるのかわかりませんが、しばらくはやれるところまでやってみようと思っていますし、やるからには好き放題やってみようと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿